ヴィアージュの付け方は簡単!効果的に使って理想のバストに!

ヴィアージュの正しい付け方を詳しく解説!効果的に使って理想のバストに!サイズ選びや、カラー展開、商品特徴などの情報も。

コラム

バストが小さいのは遺伝?《コラム》

投稿日:2022年1月19日 更新日:

「バストの大きさを決める遺伝的要素は、実は約30%程度」

これは、2016年6月の産経新聞の記事です。

記事は研究グループの調査結果ですが、遺伝的要素は有るものの、約70%が、後天的な要素が原因という事です。

遺伝以外で、バストが小さくなる要因には、どの様な事があるのでしょうか。

 

遺伝以外のバストが小さい要因

1.思春期に女性ホルモン等の分泌が少なかった

思春期は、学校生活や家庭環境などでストレスにより、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌が少なくなり、バストの成長が止まる事もあります。

だから、思春期の過ごし方は大切です。

でも大丈夫。20代や30代も十分に「育乳」できます。

また、ホルモンが減少する40代の方も「育乳」する事で、美しいバストを維持できます。

 

2.体脂肪が少ない

バストの約9割は脂肪なので、脂肪が少ないとバストも小さくなります。

ダイエットや体脂肪を減らす運動を過度にやっている場合は、バストが小さくなります。

 

3.姿勢が悪い

スマホやパソコンで猫背になると、バストトップの位置が下がり、バストの形が崩れてしまいます。

 

4.合わないブラジャーを着けている

ブラジャーは、昼夜、年中ずっと着用するものなので、合わないブラジャーを継続的に着けているとバストの大きさや形が変わり、崩れる原因になります。

 

5.食生活の乱れ

偏食や小食が原因で、必要な栄養素が取れておらず、育乳に関係する成長ホルモンや女性ホルモンが分泌されないと、バストが小さくなります。

 

6.睡眠不足

睡眠中に成長ホルモン、女性ホルモンが分泌されますが、睡眠が不足すると、十分にホルモンが分泌されなかったり、ホルモンバランスが崩れて、バストが小さくなります。

 

ヴィアージュで、美胸メイクしましょう !!

\プレゼント キャンペーン実施中/
ヴィアージュを割引と特典付で購入はこちらをクリック!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

-コラム

執筆者:

関連記事

リンパケアって何?大切な事?《コラム》

「リンパ」は、病気やケガ、細菌やウイルスから「体」を守る免疫機能という重要な役割を担っています。 バスト周りには、リンパが集中しており、血流やリンパの流れがよくなると、むくみが改善され、筋肉の緊張がほ …

寝相とバストアップの関係《コラム》

横向きで寝ている、仰向けに寝ている・・・寝方は、人それぞれ違うと思います。 実は、この寝方によってはバストを傷め、下垂や離れ乳になってしまうのです。 バストにダメージを与える様な、悪い寝方とは、どの様 …

バストが大きいと肩こりになる?《コラム》

バストが大きいと、考えないといけないポイントがあります。 今回は、その注意すべきポイントについて解説します。 バストが大きい為に肩こりになる理由は、ほとんどの場合「血行不良」が原因です。 それは、バス …

加齢によりバストは下垂する?《コラム》

  女性は、個人差もありますが、30代からバストが垂れやすくなります。 なぜバストは下垂するのでしょうか。 それには、大きく3つの理由があります。   バストが下垂する理由 ①乳腺 …