PGブラの付け方は簡単!効果的に使って理想のバストに!

PGブラの正しい付け方を詳しく解説!効果的に使って理想のバストに!サイズ選びや、カラー展開、商品特徴などの情報も。

コラム

バストが大きくなったら肩こりになるの?

投稿日:2022年1月18日 更新日:

「育乳」でバストが大きくなったら、考えないといけないポイントがあります。

今回は、その留意すべきポイントについて解説します。

バストが大きい為に肩こりになる理由は、ほとんどの場合「血行不良」が原因です。

それは、バストが大きいので、上半身を動かしにくい為、血行不良になったり、バストの重みで猫背になり、肩に負担がかかって、肩がこります。

 

バストが大きくても、肩こりにならない為のポイント

1.適切なブラジャーを選ぶ

ノンワイヤータイプのブラジャーは、主にストラップでバストを支える為、肩に負荷がかかり、肩こりになりやすいので、ワイヤー入りのブラジャーにしましょう。

バスト全体を包み込む事ができるブラジャーで、補整力があるタイプのブラジャーにしましょう。

この条件なら、PGブラは理想的と言えますね。

2.同じ姿勢を避け、ストレッチをする

長時間同じ姿勢でいるのは避けて下さい。

オフィスワークなど、座る仕事であれば、1時間に1回は立って歩く様にしましょう。

首を回す、後ろにそらすなど、首周りの筋肉をほぐすストレッチも、オフィスで手軽にできて効果が高いです。

もう少し動ける場合は、軽い屈伸運動や、両手の上げ下げなど、体全体の結果的に血行を改善するストレッチをすると効果的です。

3.お風呂にゆっくりとつかる

ゆっくり湯船に浸かり筋肉を温めましょう。

お風呂にゆっくりとつかり、筋肉をほぐし、血行を良くすると、肩こりも和らぎやすくなります。

冷えやストレスも軽減されやすくなり、心身共に良い影響が期待できます。

 

\2022年5月 プレゼント キャンペーン実施中/
PGブラを最安値で購入はこちらから!
↑キャンペーンが終了しているとクリックできません↑

-コラム

執筆者:

関連記事

no image

敏感肌や乾燥肌のケア

敏感肌や乾燥肌の手当で忘れていけないことは、「皮膚のバリア機能をパワーアップさせて取戻すこと」だと主張できます。バリア機能に対する手当を真っ先に励行するというのが、原理原則だと思います。 お風呂から出 …

no image

リンパケアってなに?大切なの?

「リンパ」は、病気やケガ、細菌やウイルスから「体」を守る免疫機能という重要な役割を担っています。 バスト周りには、リンパが集中しており、血流やリンパの流れがよくなると、むくみが改善され、筋肉の緊張がほ …

no image

家に帰ったらする事…

けっこうの年齢になると、盛りだくさんな部位の毛孔のブツブツが、もの凄く気にかかってしょうがなくなるものなのですが、ブツブツになる迄には、長期間を経てきていると言えます。 スキンケアと申しましても、皮膚 …

no image

有効なダイエット法なら

ダイエットサプリを適用するのも危険ことではありませんが、そのサプリメントのみ飲めば減量できるなどというのはあり得ない話で、節食や無茶のないエクササイズもひとそろいにして運用しなければ結果はついてきませ …

no image

バストが小さいのは遺伝なの?

「バストの大きさを決める遺伝的要素は、実は約30%程度」 これは、2016年6月の産経新聞の記事です。 記事は研究グループの調査結果ですが、遺伝的要素は有るが、主に、後天的な要素が原因という事です。 …